【1NIGHT】全国デリヘル情報一発検索

新たな歴女を生む観光地

江戸情緒を色濃く残す川越は、小江戸と呼ばれています。市民も行政も小江戸と呼ばれることに抵抗はなく、むしろ誇りに思い、街を上げて大々的に観光案内しています。
川越で観光するなら、まず一番街へ行きましょう。
江戸情緒あふれる蔵の町並み一番街は、市(小江戸)の中心に位置し、一番街の中央に堂々とそびえ立つ「時の鐘」からは、川越城下町を堪能出来ます。
現在の時の鐘は、明治27年に町民や実業家などの寄付によって再建されたもので、環境庁主催の「残したい日本の音風景百選」にも選定されています。
川越城本丸御殿は、1848年に藩主松平斉典が造営したもので、現在は埼玉県指定文化財になっています。
本丸御殿とは、将軍が起居し幕府の政務が行われる場所で、東日本では唯一、川越にしかありません。
喜多院は、平安初期(830年)に、第53代淳和天皇の命で円仁(慈覚大師)が建立した天台宗の寺院で、初詣や初大師(だるま市)、七五三など諸行事が多く、また、広大な境内は景勝地としても知られています。
小江戸川越には、古くから七福神をお祀り している毘沙門天の妙善寺、寿老人の天然寺、大黒天の喜多院、恵比須天の成田山、福禄寿神の蓮馨寺、布袋尊の見立寺、弁財天の妙昌寺があります。
七福神めぐりでは、「七難即滅、七福即生」に基づき、無病息災、家内安全など諸願成就を願いながら、観光と健康増進も兼ねた全行程約6Kmのコースになっています。
近年のパワースポットブームで、七福神めぐりと御朱印を頂く女子が増えています。
川越は観光整備された街で、歴史の知識がなくても、帰る頃には歴女になっているほど魅力ある街です。