【1NIGHT】全国デリヘル情報一発検索

交通の歴史と発展状況について

本庄市は埼玉県の北西部に位置し、中山道と川越児玉往還という重要な街道が通過する交通の要衝でもあります。近代化以前までは、中山道を往来する旅人は本庄宿を利用して旅の疲れを癒やすことが恒例でした。本庄宿は中山道で最大の宿場町として繁栄を極めて、江戸でも活躍する大商人も輩出しました。中世の時代には鎌倉街道の通過点としても栄え、日蓮聖人や太田道灌などの歴史の有名人も訪れました。

 

近代化の時代になると、日本鉄道高崎線の路線が開通し、1883年には本庄駅が開業しました。国内の鉄道駅としてはかなり古いもので、昭和時代の末期までは伝統の木造駅舎が現存していました。児玉地区には八高線の児玉駅があり、八王子駅へと通じる路線として戦前の時代から重宝されています。八高線は特産の生糸製品を運ぶための路線としても重要でした。

 

戦後の高度成長時代には、関越自動車道の整備が進んで本庄児玉ICが開設しました。旧児玉町との境目にある本庄児玉ICからは、都心まで車で1時間以内で到達できる至近距離にあります。そのため、戦後の時代には高速道路網の利便性を利用して工業団地の造成が行われました。

 

近年においては、上越新幹線の本庄早稲田駅が設置されて、鉄道における高速交通網も充実しました。新幹線の駅が開業したことで、企業の誘致活動でも優位な立場にあります。最近では赤城乳業の工場が児玉地区に設けられて、新たな雇用や観光名所の創出に成功しています。