【1NIGHT】全国デリヘル情報一発検索

歴史を探訪

本庄は伝統的には群馬県と深いつながりがある地域ですが、江戸との関係も密接です。群馬県とのつながりとしては、生糸製品の集積地としての役割があります。江戸とのつながりは、中山道や利根川の舟運によって構築されてきました。

 

本庄においても二毛作が盛んに行われ、群馬県と同様に小麦の食文化が発達しています。うどんは冠婚葬祭のときには欠かせない料理で、つみっこという料理も親しまれています。つみっこはすいとんに似た料理で、隣の深谷市の煮ぼうとうとよく比較されます。つみっこも煮ぼうとうも栄養が非常に高くて、養蚕作業の合間に食べることが昔は普通でした。

 

本庄には煉瓦造りの建物が多く現存しているわけは、隣の深谷市には日本煉瓦製造の工場があったためです。市内の有力者の諸井家は、日本煉瓦製造の経営にも深く関与していました。市内に残る旧本庄商業銀行の煉瓦倉庫は、近代化遺産の一つとして高く評価されています。この倉庫は繭を保管するために作られたもので、本庄が生糸製品の集積地であったことを示す遺構としても重要です。

 

本庄に残る近代化遺産は数多いですが、失われたものも少なくありません。備前渠用水の煉瓦樋門をはじめとして、1931年に竣工した旧坂東大橋などがあります。旧坂東大橋の遺構は左岸の伊勢崎市側に残り、右岸の日枝神社には由来碑などがあります。旧坂東大橋は上毛電気鉄道の路線を通すために架設されましたが、昭和恐慌の影響で純粋な道路橋として使われることになりました。本庄は伝統的には群馬県と深いつながりがある地域ですが、江戸との関係も密接です。群馬県とのつながりとしては、生糸製品の集積地としての役割があります。江戸とのつながりは、中山道や利根川の舟運によって構築されてきました。